充実した沖縄の旅にするには便利なレンタカーが必須です

シルバーの車

沖縄レンタカーでの楽しみ方

黄色の車

日本で一番行きたいところといえば沖縄になるでしょう。
わたくしたち家族が 沖縄に行ったのは10年ほど前になります。
子供が小さい時に2・3度行きました。
沖縄に行った時にはレンタカーを必ず借りました。確かトヨタのレンタカーだと思いますが、空港を降りるとレンタカー店行きの車があり、 スムーズにレンタカーの手続きができるので便利です。
その時は返却場所も2ヶ所選べて、便利です。返却場所はギャラリア沖縄とレンタカー店でした。
沖縄観光で観たいところはたくさんありますが、美ら海水族館は外せないでしょう。
世界最大級の巨大水槽の前で大きなジンベイザメや魚たちを見るのはまるで自分が海の中にいるようです。
次に訪れたいところは首里城公園、こちらも外せないでしょう。色鮮やかな琉球王朝の木造建築はとても心惹かれる神聖なものがあります。
ナゴパイナップルパークもオススメです。パイナップルの車に乗ってパイナップルを見て回ることができます。
広い敷地の中でパイナップルがどんな風に育っているかということも見ることが出来楽しいです。
また建物中に入ればたくさんのお土産が置いてあります。パイナップルのカステラやチョコレートなどの試食があります。子供が好きなのでたくさん食べていましたがこれが欲しいなどと言ってお土産にしました。
なにかと便利な沖縄にはたくさん見るところもあり体験もあります。どうぞ楽しんでください。

沖縄を遊び尽くすにはまずレンタカー

沖縄本島での便利な観光にはレンタカーが最適です。那覇市内はかなり車の混雑があって時間がかかりますが、少し郊外へ抜ければとても走りやすく爽快です。逆にいえば那覇市内以外は車がないと移動が不便ですので、効率よく観光したり遊んだりするためには車が欠かせません。
沖縄那覇空港周辺にはとてもたくさんのレンタカー営業所があり便利ですが、大手のレンタカー営業所はとても混んでいて、かなり行列になっています。要領よく移動しないと時間を無駄にすることになりますのでレンタカーは前もって予約しておくことが重要です。
レンタカーを楽しむのには、都心部から離れた営業所で借りるのがオススメです。空港には大抵送迎してくれますし、空いていることが多いので空港で行列になることもありません。また、市内中心部から少し離れていれば、海沿いなどの観光地へ出るのに便利です。
沖縄についてレンタカーを借りたらやっぱり海へ行くのが定番ですね。伊計島方面へ向かう途中の海中道路はよくテレビや雑誌などでも見かける道です。海中といっても海底トンネルではなく、海の上を通る長い橋です。レンタカーで美しい海の中を走り抜け、景色を十分楽しみたいですね。
レンタカーをお得に楽しむには地元の小さい会社が運営するレンタカー会社へ電話連絡して交渉するのがオススメです。よく知られているレンタカー会社よりも値段が安く、時間などの融通を利かせてもらったりすることができます。

沖縄で便利なレンタカーとは

沖縄で観光するといったら、便利なレンタカーを借りる方が大半だと思います。沖縄には電車はありません。かわりに沖縄都市モノレール線(愛称:ゆいレール)しかなく、しかもゆいレールは那覇市内の那覇空港駅と首里駅を結ぶモノレールのため、那覇市内の観光しかできません。那覇市内だけの観光であれば良いのですが、大半の方はそうではありませんよね。沖縄県全域を自由に観光するためには、レンタカーは便利で必須ということです。
沖縄にショッピングをメインに来ている方はそれほど多くはないと思いますので、人数によるとは思いますが、価格や広さも考慮すればコンパクトカーで十分だと思います。
自分自身の経験から言うと、ツアーに組み込まれているレンタカー付きのものや沖縄に来る前に事前に個人で予約するなどしていた方が良いと思います。以前に現地で手配すればいいかなという呑気な感じでいたら、繁忙期であったためかなり待たされました。しかも残り僅かで危うくレンタカーを借りることが出来なくなりそうでした。
あと困ったといえば、レンタカーについているナビは大半がとても古いため、新しい道がないため遠回りされたり、そもそも目的地が無いなど非常に困ったことが多々ありました。
沖縄でレンタカーは観光するうえでは必須で便利なものではありますが、いろんな面でも自分で計画的に行動しないと少し痛い目に合うかもしれません。

世界に2つしかない川である塩川は沖縄の人気観光スポット

「塩川(スガ―)」は、沖縄の国道449号線沿いに流れる、わずか300mほどの長さの川です。観光地というには寂しい「天然記念物・塩川」の看板が道沿いにあり、車数台分の駐車スペース設けられてはいますが、一見何の変哲もない、地味すぎるほどの川です。しかし実は沖縄に限らず大変珍しく・貴重な川です。その理由は、「塩川」の源流である湧き水にあります。「塩川」の源の水は、石灰岩の割れ目から噴出している湧き水で、毎秒約100リットルもの量に上ります。この豊富な水量の湧き水の成分は、その名の通り海水が混じった塩水です。これが非常に珍しい点で、常にそうした成分の水が湧く川は世界を探しても稀有な存在で、なんとこの沖縄の「塩川」の他には、西インド諸島のプエルトリコに存在するだけということです。どうして「塩川」から海水が含有された湧き水が噴出しているのかという詳しい理由については、よくわかっていません。ただし、岩に含まれる塩の塩分ではないと言うことは判明しているとの事です。これまでの調査によれば、海の潮位と水位が比例していること、湧き水の量と塩分濃度は反比例していることは確認できているそうです。世界に2つしか確認されていない塩水の川「塩川」、観光というには実に渋すぎる、沖罠の隠れた観光スポットです。

CONTENTS

レンタカーで行く沖縄旅行

沖縄といえば旅行に欠かせないものがレンタカーです。空港で降りてすぐレンタカー移動。ホテルまでの…

MORE ▶

沖縄レンタカーはかなり充実しています

沖縄は旅行先としては大変人気のある場所になっています。しかしながら沖縄には電車が通っておらず、…

MORE ▶

沖縄旅行で使うレンタカーでの楽しみ方について

沖縄旅行でレンタカーは必ずと言っていいほど必要なものになると思います。沖縄は中心地以外に行くに…

MORE ▶

沖縄でレンタカーは必ず必要か?

沖縄で旅行をする際にレンタカーは必要なのでしょうか?結論から言わせていただくと、免許を持ってい…

MORE ▶